塗装工事 お役立ち情報

HOME > 塗装工事 お役立ち情報:塗装工事の種類

塗装工事 お役立ち情報のカテゴリーを選んでください。

塗装工事の種類

外壁塗装

悪影響を及ぼす酸性雨や有毒な紫外線から家を守り長持ちさせるというのが外壁塗装です。カラーリングなど景観を美しく見せるというデザイン的な役割も果たします。
外壁は常に直射日光や風雨にさらされているため、とても劣化しやすい環境にあります。
ヒビ割れや傷などが建物の構造に影響する場合もありますので、メンテナンスをしっかり行なう事がとても大切になってきます。

屋根塗装

通常、屋根は見えにくいため、どうなっているのか分かりづらい状況にあります。
しかし、屋根は家屋の塗装部位の中で最も風雨や紫外線にさらされる場所であり、一定期間ごとの塗り替え塗装が必要です。
屋根の塗装の劣化で建物全体の寿命を短くしてしまうケースもあり、重要な場所になります。

内装塗装

室内塗装では、室内の壁や天井はもちろん、その他色々な箇所を塗装いたします。心配になる匂いも、水性塗料を使えば気になりません。

特殊塗装

塗料にはとても多くの種類があり、特殊な性質や機能を持った塗料があります。
高い断熱性を持った断熱塗料や、調湿作用や消臭作用のある塗料、結露を防いでくれる塗料など、たくさんの種類があります。
必ずしも必要な塗装ではありませんが、より快適に生活する上での助けとなります。

防水工事

防水工事とは、建物を雨や雪から守るための工事であり、建物の価値を左右する重要な工事です。住宅の性質や施工部分、状況などをしっかり判断して工法を決めていく必要があります。
雨水が建物に侵入することにより、建物本体の劣化を早めます。
雨漏りはカビや漏電による火災なども併発するため、安全や健康に大きく影響します。
雨水の浸入の可能性がある部分には定期的な防水工事をお勧めいたします。防水層をつくる以外にも、防水層を保護するためのトップコートも大切になります。

前のページに戻る