塗装工事 お役立ち情報

HOME > 塗装工事 お役立ち情報:塗り替えのタイミング

塗装工事 お役立ち情報のカテゴリーを選んでください。

塗り替えのタイミング

適切な塗り替え時期とは?

外壁や屋根などに施されている塗膜は、建物を雨水・紫外線・太陽熱などから、私たちの暮らしを守る大切な役目を果たしています。しかし塗料には耐用年数があり、塗膜は時と共に必ず劣化します。耐用年数は塗料の種類により差がありますが、定期的にメンテナンスを行わずに放置していると修繕に大幅なコストが発生する可能性が出てきます。劣化と共に様々な症状が現れますので、早期修繕を行うことをおすすめいたします。


一般的に言われる『目安』となるものは、以下の通りです。

外壁:10年
屋根:7年〜10年
木部:3年〜5年
鉄部:3年〜5年


※上記はあくまでも「一般的な目安」です。
建物の築年数や立地条件、建築条件によって大きく左右されます。
単に年数だけで『適切な塗り替え時期』を判断するのは困難ですが、
一つの目安としてご検討いただければと思います。


こんな症状が出たら要注意!

建物の劣化を示すサインには、様々なものがあります。
こんな症状が見られたら、あなたのお宅も『塗り替え』の時期かも知れません?

●ひび割れがある
●塗装が剥がれている
●外壁に汚れが付着している
●外壁が色あせている
●塗装がふくれている部分がある
●カビが発生している
●藻が発生している
●サビがある
●腐食しているところがある
●チョーキング現象の発生



上記のようなの症状が現れたら、塗り替えのサインです。放置しておくと、どんどん劣化や痛みが酷くなっていきますので、外壁塗装の塗り替えを考えてください。


前のページに戻る